« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月の4件の記事

2015年3月21日 (土)

AnimeJapan2015に行ってました

パチ系で特に何かあったわけじゃないんですけど、シンデレラガールズステージが当たったので。しかも5列目ひゃっほぉ

SANKYOとフィールズがだいぶ金出してるイベントなので両社はいましたね。フィールズの出展内容はヒーローズでしたけど。
20150221_1

なんか7号メーカーが入ってるとパチンコになるのかなぁって思いがちだけど、これとかどうやってパチにするんだろうってところも
20150221_2

個人的にはSHOW BY ROCK!!はパチンコ化したらいいなぁってなんとなく
20150221_3
等身大なのに出来が良かった。

Hi-Animetionの360℃映像に期待していったのだけど360℃見渡せるのが凄いだけで映像自体はわりとしょっぱかった。
ライブで振り向いたら見えるのは俺らですやん?最前のお姉さんがずっとカメラを気にしてたのが印象的。
20150221_4

デレマスのステージはおねシンでふーりんが転びかけたらしいんだけど、それに気付かなくてガックシ
最初の挨拶でふーりんが「皆さん、私達に会いたかった?」っていつもと違う流れだってので、るーりぃと麗ちゃまがいつものやらないんだってジェスチャーしながらワキャワキャしてたのが印象的。
2期のキーワードが「MJ」「全員主役」だそうなんだけどMJってなに、、、全員主役の全員がどこまでの範囲なのか楽しみです。演者の予想はこんなんでした

麗ちゃま「まじかよ神宮行かなきゃ」
るるきゃん「ミカジョーガサキ」
ふーりん「真夜中に紡がれる抒情詩の調べ」
飯屋「今日はアニメジャパン、マ、マ、マニメジャパン」
はっしー「まずいじゅーす」
まりえってぃ「みかんじゅーす」

???

とりあえず4~6月はシンデレラガールズ1期のループだけで生きていく予定ですが、こんな盛り上げておいてまた2000人の箱でライブとか勘弁して欲しい、、、

20150221_9
20150221_6
20150221_7
20150221_8

| | コメント (0)

2015年3月13日 (金)

ツインエンジェルOVA聖地巡礼の写真紹介

先日のツインエンジェルOVA発売記念イベントでフォロワーさんにフェニックス・シーガイア・リゾートの写真をいただきいたのでご紹介。聖地巡礼した人~ってふりに反応すればよかったのに!

20150312_15

20150312_14

20150312_13

20150312_12

20150312_11

20150312_10

20150312_9

20150312_8

20150312_7

20150312_6

20150312_5

20150312_4

20150312_2
ボーリング場お休みだったそうで

20150312_1

泳げる時期に行ってみたいですねー

| | コメント (5)

2015年3月 9日 (月)

田村ゆかりさん能登麻美子さん釘宮理恵さん新谷良子さんを見に行ったツインエンジェルOVA発売記念イベントレポート

20150308_1

レポってタイトルにしたけど、あんまり書くことないですね。

出演者
キャスト陣(敬称略)
・田村ゆかり(水無月遥役)
・能登麻美子(神無月葵役)
・釘宮理恵(葉月クルミ役)
・新谷良子(しょっしょ役)
スタッフ陣
・岩崎良明(監督)
・松倉友二(J.C.STAFFプロデューサー)
・田村淳一郎(KADOKAWAプロデューサー)
・伊藤美智子(脚本構成)
・懐芽ハル(快盗天使ツインエンジェル総合プロデューサー)
MC
・ジョイまっくすポコ

スタッフコメントほとんど中心で話してたので居なかったら、あの時間帯ってどうする気だったんだろ。
このキャスト陣を一つの場に集められるって\なんちゃら完売/レベルじゃないとってぐらい豪華すぎたけど、もう9年めなコンテンツだし、例えればアイマスと同じぐらいだし。このへんにしとこう

●新谷良子 「かこむ空気。」

おおまかな流れ
MCのジョイさん登壇。前の方スカスカだけど関係者こんな前にいるんですねーあれれれみたいなつかみから。
着ぐるみレッドエンジェル、ブルーエンジェル、ホワイトエンジェルが登場、そんでクルミの耳が落ちる。
キャスト陣登場せずの流れに声優ファン勢は内心ずっこけていた筈。関係者枠はA-E列まで前ブロック全部。コミケ当選者がどれだけくるかわからないんでマージンもたせたんでしょうが見栄えは悪かったね。

聞きかじった感じではキャストコメンタリーは実現できなかっただけだそうです

スタッフ陣登壇でご挨拶。懐芽ハルさんサプライズゲスト扱いなのに何も触れない。
スタッフ陣がスクリーンを向いて座ってスタッフコメント付き上映会開始。カドカワ的にはこの規模のコメント上映会は初めてだそうです。言われたとおり、拡散されると困る気がする内容については触れないつもりだったけど、そんな内容はなかったよね?

シーガイアを舞台にしたのはOVAなら水着でしょ!>弊社の関連会社にシーガイアフェニックスリゾートっていう良い場所あるよって流れだそうで。関連会社なら壊しても怒られない、あらためて許可を得る必要もないっていう話は昨年のAnimeJapanで聞いてた話ですね。ロケハン行ったそうですが、ずっと雨だったそうで。
・パタパタ椰子の木が折れる滑走路はフィクション。空港描写するとめんどくさいから横付けした。
・フェニックス・シーガイア・リゾートのポーズがガイヤが呼んでる的な渾身のネタだったのに気付いてもらえなかった
・質問「スタッフの方々のこだわりとかありましたか」
 伊藤さん、いまいち忘れてて(3年前だし)ノリを思い出すまで大変だった。松倉さん、本放送時はミルホからの流れでハイテンションだったけど、今回はテンションを戻すのが大変だった。岩崎監督、思い出すまでは大変だったけど意識せずに作れた(ノリと勢い)
・質問「胸毛は誰得」
 イタリア人出したかった。イタリア人といえばしりあごか胸毛かってところで絵でわかりやすい胸毛になった。今回は胸毛推しなんだなって事で全部を組み立てた。
 (2択にしぼられた時点で誰得の流れは避けられなかった模様)
・パロディは基本的に松倉さんから。世代格差が激しくてわかりづらい感(自分は世代的にはあってます)
・爺や役の清川さんが毎回気合の入った「へぁー!!」を入れてくれる
・如月先輩は脚本としては真面目にやったつもりなのにあぁなった。そのつもりはなかったらしいけどサミー側が出してきた時から変態だった(如月ちゃんと違って我慢できるのが如月先輩)
・リリカやエリスが出てくる話をつくっておきたかったがジロージロがすごい出てくる話になってしまった。
・サロメは後で仲間になるようなじゃなくて雑にしてくださいと頼んだ。脚本ではキャラとしては立たせるように気を使った。
・ドジっ娘がクリーチャーに餌をやる傾向になるのは昔あった映画のオマージュ(多分U.M.Aレイク・プラシッド。言われてもわからんがな)
・EDはダイジェストで済まそうと思ったけどミニキャラが動く内容にした
・OPで飛んでくるパンツがパンツになってます。実機ではただの布でした(OVAのコメンタリーでもありました。リボンがついてるとパンツ。無いと布だそうです。宇宙の真理がまた一つ明確になりましたね)
・抱き枕カバーの絵柄は試行錯誤した。うっかり商品化しないかってそれに耐えるサイズで描いてもらってるけど実現してない。COSPAさん方面をチラッチラってしてるけど来ない。悔しいから冬コミでシールにして配った。
・サロメが間違い電話した中華料理屋「明日できる軒」はアスタディール家をもじった店名(正直きびしい)
・サロメは瀬菜さんにコミックで描いてもらってモタさんのWebコミックで人気が出て。一番出世したキャラだと思う。
・建物とかはそのままのところもあるので是非行ってみて欲しい。「お高いんでしょう?」って質問もあったけどピンキリ。
・シーガイアにフラミンゴのショウがあってそれを反映した
・ツインエンジェルこんなに強くない。葵ちゃんこんなに強くない。
・エリスは強い。そしてシリアスキャラだけど若干如月先輩っぽくなってきてる。誕生日twitterのせいかも。
・フェニックス(植物)の花言葉を調べて”躍動感”とわかった時にこれは使わなきゃ!って
・藁人形ネタはあの流れではやるしかなかった。
・川崎さんはロケハンの時に案内してくれた方。写真とか送ってきてノリノリだった。
・リリカは実機よりずいぶんまとも。リリカが出たら安心ってのは続けていきたい
・時系列的には小蟻さんのコミックでもやったけどエリスが出てなかったのでパラレル的扱いとしてやってみた。

あんまりというか、OVAに関する深い話って全くなかったんだけど、そもそも深い演出を含む性質の作品じゃないんであれでいいでしょう。みんな笑いながら聞いてたしね。

スタッフ陣コメント
懐芽「去年のAnimeJapanでも言いましたけどこれからも色々やっていきますので楽しみにしてください」
田村「これからもサミーさん、J.C.STAFFさんと色々やっていきたいと思うのでよろしくお願いします」
松倉「ここまで長くやってるタイトルなんで、ここまでファンでいたらあと10年ファンでいるのも苦でないと思います。頑張って作っていくのでよろしくお願いします」
岩崎「皆さんの意見をまとめてフィルムにさせていただいてますので、またお会いできる日ができればいいなと思っています」
伊藤「いつも楽しく描かせていただいてます。これからも関わっていけたらと思います。よろしくお願いします」

ここからキャスト陣登壇でコメントタイム

田村さんは遥、能登さんは葵ちゃん、釘宮さんはクルミに連れられて出てくるんだけど、しょっしょは着ぐるみがいないので新谷さんはクルミが迎えに行ってた。田村さんは着ぐるみが気になって仕方ない感じ。ずっとそんな感じ。
4人挨拶で新谷さんが「なんでここにいるのかわかりませんけど」って言ってた

JOY「久々に演じてみてどうでした?」
田村「ひさびさにやったけど、そんな久々の感じがなかった。」
JOY「また会えるみたいな?」
田村「それもなかった。」
能登「コメンタリーとかやりましたもんね、冬コミ用の」
田村「どうだった?」
釘宮「楽しかった」
田村「どうだった?」
新谷「楽しかった」
田村「麻美ちゃんは?」
能登「楽しかった」

(それだけかっ)

JOY「現場の収録もかわらずってかんじですかね?」
田村「変わらずだよね」
能登「変わらずだったよね。聞いてる?(釘宮さんに)」

(なんかすごいリラックスしすぎな雰囲気)

釘宮「ゆかりんもっかいおねがいできるかな」
田村「えっと、なんだっけ」
能登「現場の、雰囲気」

この辺で着ぐるみと絡んでわちゃわちゃになる

能登「現場の雰囲気も変わらないって話ですよね?」
田村「それ」

JOY「これって2話分収録したんですか?」
田村「分かれてたんだよね」
JOY「開発の人たちの話で朝10からほにゃららさんの声はキツイなって話があったんですけど」
田村「見なおしたら2回にわかれてました」
釘宮「朋ちゃんと会ったかな?」
能登「2回目にはいたような」
田村「2回目には居たはずなんだけど私の記憶からは消えてる。居たと思うよ、たぶん」

JOY「もういいから。印象に残ったことある?」
釘宮「胸毛かな?胸毛で人生でこんなに発することがあると思わなかったので」
能登「方言に意外とりえちゃん翻弄されてなかったっけ」
釘宮「あー!!なんかあったけど、思い出せない」
能登「どげんせんといかんみたいなとこだっけ」
釘宮「わたし九州(出身)だからできるつもりでいたのにそんなにできなかった」

JOY「他になんかないですか?しょーしょっしょっしょみたいな」
新谷「わたしはもうサロメに関してはテレビと同じことしかしてないから」
JOY「新谷さんそのままで演じたと」
新谷「あんなにうるさくないですよ!もうちょっとおとなしいかも。わたしが」
JOY「他の方どうですか?」
田村「わたし、なんかこの人(着ぐるみを指して)動きが若干かぶってるなって。」
能登「似てる」
田村「なんか自分を見てるみたいで恥ずかしい。わたしこんな風に見えてるんだと思って」

JOY「スタッフさん達はロケハン行ったんだって。知ってた?」
能登「二泊三日も?」
釘宮「マンゴー食べたかったです。ずるい」
JOY「キャストさん出たじゃないですか。お願いしていいのでは。宮崎行きたいって」
釘宮「地鶏食べたいなー」
JOY「打ち上げはそこかなーって。あんた達はハンググライダーで行って(着ぐるみを指して)」

JOY「エンディングが新しくなってとったじゃないですか」
釘宮「わたし3人でやるつもりで行ったら"今回は朋ちゃんとやってください。一生懸命やってください"って言われて頑張りました」

(いつもは田村さんの歌に載せる感じでよかったのに、今回はリードする側でしかも金朋相手だったので神経すり減らしながら収録したのではないか)

ここでPVが流れる。冬コミで公開されてたやつなので客はほとんどが見てる。

JOY「どうですか?」
能登「新しいキャラクターが出てきますか?見たことないシルエットが」
JOY「増えるかもしれないし、遥と葵いなくなっちゃうかも」
田村「大人みたいなシルエットだったよね」
能登「等身も大きかったし」
釘宮「新しいのかな」
田村「まさか私達大人にならないよね?」

新谷「いやいや、サロメかもしれない。どれかはサロメかもしれない。ほんとに今始めてみたから。」

JOY「見た感想を聞きたい」
田村「私はおとなになったら嫌だなって。だってほら着ぐるみ作りなおさなきゃいけない」
JOY「何キュア的にハイパーかもしれない。大人になったら嫌だなって?」
田村「ずっと子供でいたい!」
能登「わたしは知らないシルエットが結構たくさん出てきたので、これだけ増えちゃったらどうしましょう。」(ゲーム含めて5人分ありました)
釘宮「情報の第二弾三段がまちどおしいなって」

新谷「どれかはサロメでしょう

田村「りょうこさん?ちがうってわかってるでしょう?

新谷「どれかがサロメだったらここにサロメが立つかもしれないんだよ?寂しいんだよ、今日はクルミちゃんが助けてくれたけど、一人で袖でどうしようかなって。どれかがサロメで、もしくは消えないでいて欲しい、、、新プロジェクトになってもサロメは出てきてほしいなって思いました」

JOY「今のPV見たことある人」
客ほとんど手を挙げる
田村「みんな知ってる情報だったの?」
能登「我々だけが知らなかった」
新谷「ドッキリみたいな?」

JOY「巻いてくださいって。一言いただければって」
田村「そうですね、私達だけが知らなかった新展開に正直戸惑っているんですけど、せっかくだったら出していただきたいって思っているんで。遥とか出ないんだったらあれでもいいや、新キャラが持ってるポケてんでいいんで出していただけたらいなって思います」
能登「これからいろんな展開がありそうですけど、やっぱり誰も減ることなく新しい人が増える形がいいなーと、楽しみにしてます」
釘宮「ツインエンジェルってタイトルはツインエンジェルですよね、何人増えてもツインエンジェル。三人目で入った時にツイン?って思ったけど今となってはねサロメもね、敵だけどね」
田村「ツインエンジェルじゃないよ、りえちゃんだまされないで」
釘宮「仲がいいから特別な気がしてた!新しい方が増えるかもしれないので、私達が出なくなったらどうなるかわからないですけど、心情的にハラハラしながら待っていてください!」(ここ、今まで聴いたことのない声のトーンだった)
新谷「長いツインエンジェルの歴史の中でサロメとして関わらせていただいてから短いようで長いようでですけど、これから作っていく歴史の中に私も関わっていけたらなって。こちら側は何人増えてもいいので残してほしいなって思っています。よろしくお願いします。」

JOY「あとはけるだけなんですけど、なんか個人的なお知らせとか無いですか?JOYが責任持ちますから」

特になく終了。多分ライブのお知らせとかできたんだろうけど、だれもせず

能登「巻きでって書いてます、、、」

JOY「これからも応援してください。よろしくお願いします」

キャスト陣はけて終了
着ぐるみエンジェル達はステージを飛び降りて後方客用出口から退出


雰囲気変わらず、誰も減ること無く新プロジェクトが進めばいいなって話でした。 作品のキーマンは出演陣および関係者席で全て揃っていたのでプレッシャーはかけられたんじゃないでしょうか。 ここまでやってきて、田村さん達を外す展開ってのはさすがにもったいないよね。人間関係的にも。特になにもなかったといえばなかったし、時間も短いイベントだったんだけど、とても楽しいイベントでした。なんというか空気がとても良かった。次の新情報は秋かなー

| | コメント (3)

2015年3月 5日 (木)

ツインエンジェルOVA発売記念イベント向けの質問を募集中

上映時間わりとあるし、採用率はかなり高いのでは

ちなみに、さらっと見逃していました。
今見たらわりと質問並んでましたが、いつものキュンパラだったので質問って言われても困るよな。

webコミック 大石コウさん 『遥と葵のきゅんきゅん劇場』第89話♪
遥様isGOD。つまりそういうことだったんだよ
新機動戦記ツインエンジェルWではラスボスだし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »